ALPINA(アルピナ)はドイツ・バイエルンに1980年にウェルナー・グラウによって設立されたスポーツアイウェア・ヘルメットブランド。ババリアンによる最新機能・最新デザイン。

1980

ISPO(ヨーロッパ最大のスポーツ用品見本市)で最初のコレクションが発表され、ALPINA(アルピナ)ブランドは始まりました。革新的な新しいコレクションは小規模でしたが、創業者のウェルナー・グラウ、ロルフ・オーバーマイヤーとハーゲン・ストックロウザーが持つ成功への信念と熱意は無限大でした。

1981/1982

広い視界を持つ革新的なスキーゴーグルTURBOを発表。その系譜は現在の180°VIEW機能へと引き継がれています。

1982/1983

ヨーロッパだけでなく、アメリカにおいても成功したファッションサングラス「M1」。大物ミュージシャンのレーコードジャケットにも使用され、今なおカルト的な人気を誇るモデル。それは西ドイツの自社工場で手作りされていました。

1983

ALPINAにとって特別なモデルが開発されました。1986年にスウィングと改名されたサーフィンとスノースポーツサングラスです。現在はSラインという名前でコレクションされています。150万個以上の販売台数を誇り、世界で最も売れている多機能スポーツアイウェアです。

1992

非常に壊れにくいポリカーボネイト製のレンズの導入。この斬新な機能により、アルピナはすぐにこの業界のマーケットリーダーになりました。

1993

QUATTROFLEX(クワトロフレックス:独自の偏光)レンズ技術により、ゴーグル開発に新しい章が書き加えられました。

1996

アルピナはサイクリングヘルメットのフィッティング技術であるRUN SYSTEM(ダイヤルによる調整機能) を初めて導入したメーカーです。この機能は、最新の開発段階を見出すために長年にわたって進化してきました。

2002/2003

RUN SYSTEMはスキーヘルメットに初めて搭載されました。これはレーシングヘルメットだけでなく、一般のスキーヤーへのアプローチへ必要な技術でした。

2007

最初のバックプロテクターを開発しました。このカテゴリーは、安全性への関心の高まりにより現在も伸び続けています。

2008

スキーゴーグルレンズにQUATTROFLEX(クワトロフレックス:独自の偏光)とVARIOFLEX(バリオフレックス:調光)のレンズ技術を組み合わせました。QUATTROFLEXは高コントラスト視野を実現し、VARIOFLEXは紫外線によって自動にレンズのカラーを調節します。

現在

すべての年に多くのことが起こり、ALPINAは着実に成長しています。 ドイツ国内では40%以上のシェアを持ち、スキー、スポーツアイウェア、ヘルメットのマーケットリーダーです。世界35カ国以上で製品を販売しています。

SAFETY

HI-EPS

インナーは空気の入ったエスチレン粒子で構成され、衝撃を吸収します。

CERAMIC SHELL

衝撃と亀裂から守るポリカーボネイト製のアウターシェルです。耐静電気と紫外線による劣化に耐性があります。

INMOLD

ポリカーボネイト素材のアウターシェルをEPS で作成したインナーに圧着する製法です。軽量で優れたデザインを可能にしています。

EDGE PROTECT

ヘルメットにエッジ(鋭利)な部分はありません。手で持ち運ぶときや、転倒の際にヘルメットによる傷を最小限にします。

TWIN SHELL

アウターシェルに加えて、格子構造の第2のシェルが内部で全体的に拡がっているツインシェル構造。

ERGONOMICS

Y-CLIP

クリップ部分を開くことにより、あご紐をまとめる位置を簡単に調整することができます。

ERGOMATIC

多段階で微調整が可能。ワンプッシュでリリースも簡単なねじれにくいあご紐ロックです。

CUSTOM FIT

RUN SYSTEM と組み合わせることにより、動く頭部に対しても柔軟にフィットします。

RUN SYSTEM ERGO PRO

ダイヤルを回転させることにより頭にフィットします。増設された2枚のパーツが後頭部を支え、しっかりとサポートします。

RUN SYSTEM ERGO+

ダイヤルを回転させることにより頭にフィットします。2枚のパーツが後頭部を支え、しっかりとサポートします。

RUN SYSTEM CLASSIC

もっともベーシックな調整システム。ダイヤルを回転させることによりしっかりフィットします。

COMFORT

AIR FLOW VENTS

ベンチュリ効果(開口部分より閉口部分を狭くすることで流れが速くなる)により頭部を冷やし、発汗をおさえパフォーマンスを向上します。

FLY NET

フロントの通気口に埋め込まれたネットは、走行中に正面から入ってくる昆虫のリスクを防ぎます。

ANTIBACTERIAL INTERIOR

抗菌・防臭素材の内部パッド。簡単に取り外しが出来て洗濯が可能。

目は最も重要な感覚器の一つです。
たった約7グラム、25mmの器官で知覚の9割がまかなわれます。
スノーシーンにおいて目の負担は非常に大きくなります。
標高1,000メートル上昇するごとに、紫外線量は約20%上昇します。
さらに雪上からの反射は95%にも上ります。
紫外線と時速10キロを超える風圧は目にダメージを与える可能性があります。
目の保護のためにもスノーゴーグルの着用は不可欠です。

GOGGLE TECHNOLOGIES

COMFORT FRAME

ジグザグに成型されたコンフォートフレームは軽量で、フレキシブルなためストレスなく快適なフィッティングが得られます。局部的な圧迫を抑え、全体的にソフトな装着感が得られます。

SPHERICAL LENS

ALPINAの球面成型レンズは、歪みを最小限に抑え、広い視界を確保します。耐熱性にも優れ、ゴーグル内部の容積が増えるためくもりの発生を軽減してくれます。

180°+ VIEW

左右180°以上の広角な視界を可能にしたフレーム設計。快適な広い視界は、広いフィールドにおいても、いち早く危険を察知することが可能です。

VENTING LENS

ダブルレンズ本体に設計されたベンチレーションシステム。

RIMLESS

ダブルレンズの外側のレンズがフレームの外に出る構造のゴーグルです。広い視界が確保できるニュースタイルのゴーグルです。

HINGE BAND

フレーム本体とストラップを繋ぐプラスチック部分が稼動することにより、ゴーグルの装着感を保った状態でヘルメットへのフィッティングが向上します。

SKID GRIP

ストラップの内側にラバーコーティングすることにより、ヘルメット装着時のズレを防ぎます。

SPEED CLIP

ストラップの後頭部部分がバックルにより取り外しできるゴーグルです。

AIRFRAME VENTING SYSTEM

フレーム本体とストラップを繋ぐプラスチック部分が稼動することにより、ゴーグルの装着感を保った状態でヘルメットへのフィッティングが向上します。

SPEED CLIP

フレーム前面の上部または下部に設計されたベンチレーションホール。

OVER THE GLASSES

眼鏡を使用したままでの装着が可能です。

LENS TECHNOLOGIES

fogstopはレンズ内側のコーティングで、拡大すると深い溝が連なったような粗い構造をしています。それぞれの溝に水分が入ることにより、レンズ上で水分が層になって覆うのを妨ぎ、くもって視界が悪くなるのを防いでくれます。全ての溝に水分が埋まる程の湿度になれば曇ることもありますが、多くの場合は溜まった水分は水滴となりレンズはクリアな状態に保たれます。全てのALPINAゴーグルにこのコーティングが施されています。

LENS COLORS

スロープ上で頭部を護るヘルメットの着用は、スタンダードになりつつあります。
2014/2015シーズン、欧米でのヘルメットの着用率は75-80%になります。
全てのALPINAヘルメットは、ヨーロッパの安全規格EN1077の適合商品になります。
ALPINAヘルメットは、最良の安全性と快適性を追求し開発されています。

ERGONOMICS-TECHNOLOGIES

ERGO³

ERGO³システムは8段階で稼動する広範囲の後頭部ラチェットシステム。ヘルメット内部の円周のみではなく、容積が調整できるためよりフィッティングと快適性が向上します。

3D-FIT

サイズ調整を行う RUN SYSTEM ワイヤーの高さを調整できる機能です。ヘルメット内部の穴の位置を調整しフィッテングする高さに合わせることが可能です。

RUN SYSTEM ERGO SNOW

RUN SYSTEM ERGO SNOWは、よりスムーズな動きで締める、緩めるの調整が可能です。グリップも良くグローブをしたままでも容易にサイズ調整が可能です。

ERGOMATIC

ALPINAスノーヘルメットは、ERGOMATICストラップを装備。ねじれにくい多段式のストラップは転倒時にも外れにくく安全性を確保します。片手でも操作が容易なERGOMATICストラップは、あらゆるスノーシーンにおいて快適さを約束します。

RUN SYSTEM CLASSIC

後頭部のダイヤルを回転させることによりインナーのサイズ調整が可能です。

Y-CLIP

Y-CLIPは好みの位置に合わせて、あご紐のまとめる位置を簡単に調整することができます。

SAFETY-TECHNOLOGIES

HI-EPS

インナーシェルは、高度に膨らませた発泡スチレン樹脂素材からなり、この粒状素材により衝撃を吸収・減衰させます。

HARDSHELL

強固なABS素材からなるハードシェルテクノロジーは、耐久性、衝撃性に優れ、安全性の高いシェル構造です。

INMOLD

丈夫なポリカーボネイト素材のアウターシェルと衝撃吸収性に優れたフォーム状のHI-EPS素材を高温・高圧で圧着させるインモールド製法により、『強度』と『軽量化』を実現。

HYBRID

衝撃性に強いハードシェルと軽量なインモールドを融合させたテクノロジー。シェル上部のハードシェル素材は多くのベンチレーションホールの設置を可能にし、快適性、強度、軽さを兼ね備えます。

COMFORT-TECHNOLOGIES

REMOVABLE EARPADS

スタイルやシーンに応じて着脱が可能なイヤーパッドは、ウェアのポケットにも収納可能で急な天候の変化にも対応します。

AIRSTREAM CONTROL

スライド式のシャッターによりベンチレーションの開閉が可能です。エアーコントロールを容易に調整できるシステムです。

CHANGEABLE INTERIOR

容易に着脱可能なインナーインテリアは、洗濯が可能です。速乾性素材で清潔・快適にご使用いただけます。

VENTING SYSTEM

VENTING SYSTEMはヘルメット内部の空気の循環をさせ快適な装着感を確保します。フロントからフレッシュエアーを引き込み、後頭部から高温のエアを排出します。

NECKWARMER

ALPINAのNECKWARMERシステムは、ソフトマイクロフリース素材で後頭部の下部までカバーし、保温性、快適性を向上させます。

概 略:Alpina Snow Helmetは、すべて厳格なCE EN1077認定商品です。構造・強度・視界から あご紐などの細部にいたる構成部品にまで厳格な欧州の安全基準を確保しています。